(^^)/砥ぎ屋助より新年のご挨拶・・・・。


(^^)/みなさま!明けましておめでとうございます。🎊

今年も、砥ぎ直しのご依頼は当然の事・・包丁砥ぎに真剣に取り組んでいる方々に関しましても、他の砥ぎ講習では学べない砥ぎに本当の基本から理解して頂く砥ぎ講習を通じて少しでもみなさまのお役に立てるように頑張って参りますので・・よろしくお願いいたします。

砥ぎ講習に関しましては、本当にたくさんの方々からお問い合わせを頂いており!今年の予約もたくさん頂いております。
お問い合わせ時にご説明させて頂いていますが・・・
砥ぎ屋助八の砥ぎ講習は、徹底的に「砥ぎとは!?」と言うところから理解して頂くために・・1日講習の大半の時間は(^^;お話しで消化してしまいます。
でも!実際に講習を受けて頂いた方々はお分かりの通り・・本当の「砥ぎの基礎!!」を理解しないと・・一日中砥石を磨り減らしても「終わってみれば・・何も身に付いていない・・」と言う結果になってしまいます。

事実!他の名だたる有名な刃物店や刃物メーカーさんの高額な砥ぎ講習を何件も受講しても・・「全然砥げるようにならなかった・・」と言う方々からも「やっと!砥ぎとは?を理解出来ました!!」と本当に喜んで頂きました。

刃物の砥ぎ直しも同じですが・・このブログを見て・・「助八は尋常じゃないほど砥ぎ料金が高い!?」と勘違いされ(汗)・・他の砥ぎ屋さんに出されている方々がたくさんいるようですが・・・
他店に出されていた方々のほぼ全員が「本当にこの料金で良いんですか??もっと高いと思ってました・・」と言ってくれています!!

(^^;そもそも・・料金に関係無く・・本当に技量があるのか?無いのか?が一番大事な所で!!
「今より少しは切れるようになった!」程度で技量の無い所に大事な包丁やハサミを依頼すると言う事は・・わざわざお金を払って・・壊してもらってる!と言う事です。

便利な研磨機が気軽に買えるし、砥石の性能も驚くほど性能が上がっているので・・まったく技量が無くても・・
ピカピカ鏡面や見た目新品など簡単に出来る時代です。
ネットでは平面の写真一枚で見極めるわけですから・・
「ピカピカ=砥ぎが上手」と思い込んでしまいます。
(^^;ピカピカなんて・・「手抜きの基本」と思って下さい!!
砥ぎ屋の上手下手を写真一枚で見極めるのは本当に難しいですが・・・・・
和包丁で言えば!切り刃の幅・峰の形・刃線など・・基本となる新品の包丁の形にきちんと戻せているか!?が一番かんじんな部分です。

「今出している砥ぎ屋で十分切れている!」と言う方々も・・一度、砥ぎ屋助八出して頂ければ・・今出している砥ぎ屋が技量があるのか?無いのか・が分かると思います。

(^^)/今年も、みなさまが飛躍の年ならびにご家族のご健康を心よりお祈りして・・頑張った行きたいと思います。
引き続き砥ぎ屋助八をどうぞよろしくお願いいたします。

(泉南市長慶寺)

(^^)/今年も大変お世話になりました。

(^^)/今年も多くのお客様・常連様には本当にお世話になりました。
来年も皆様にとって良い年になりますよう心より願っております!!

今年の締めくくりとしまして・・(^^;少しぼやきます(笑)・・・・。
開業以来、砥ぎ屋助八の仕事の半数近くが技量も無く甘い考えで「砥ぎ屋」と称するインチキ砥ぎ屋の尻拭いです。
最近では簡単に誰でもWEBサイトを作れ・・さも技量も完璧な優良店のような内容を記載し・・近所の方をダマすだけで無く!全国規模で詐欺まがいの砥ぎ屋を始めているやからが増殖しています。

最近、急増しているのは北の国からのご依頼で・・昔から僕も知ってる有名な砥ぎ屋・・
ホームぺーなんか見るとベルトサンダーでシューンと削って・・・
テレビや雑誌で取り上げられてるとか豪勢なこと書いてたり・・客様からのお礼の手紙だの・・まぁ~すごい(爆笑)!!
しかし!冷静に考えてほしい・・真っ先に動画で自慢げにベルトサンダーで火花を散らし削ってる映像・・(ー_ー)!!砥ぎじゃないやん・・・・
こんなバカゲタ動画を見て・・「ここは上手な砥ぎ屋さん!」「ここなら送料を払っても値打ちがある!」と考えるお客様がバカ過ぎる!!!!!

こんなのを取り上げてるメディア・マスコミも・・砥ぎの事なんかまったく知らないバカな会社・・・・・。

同じ北国の本当に老舗の刃物店からのお客様からも助八へのご依頼が何十件も届いている。
ユーチューブなんかでも社長らしき人が素人ダマしの「刃物の砥ぎ方」とか流しているけど・・高価な本職の料理人さんの包丁を機械研磨で切り刃の中に、もう一つシノギ筋を作るという開いた口がふさがらいぐらいの本当にバカゲタ砥ぎ直しで壊している。

そんな被害者の方々に「包丁を壊されてるんだから文句を言わないとダメですよ!」と言っても一人たりとも言った人はいない・・・・・。

こんな事の繰り返しで・・インチキ砥ぎ屋は・・なんの苦情も受ける事無く・・「俺は名人砥技師だ!」と・・生涯!詐欺師の道を進んでいくのでしょう。

今でも関西に多くいるインチキ砥ぎは料金が助八と同程度で安いですが・・・最近増殖してるインチキ砥ぎは、かなり高額になってきている!
でもホームページの作りが巧妙かつ便利良く綺麗に作ってあるから
何も知らない方は・・「この料金なら信用出来る!」と意に反して簡単にダマされてしまう(笑)!!
でも、そんなホームページでも仕上がった包丁など見れば・・(>_<)素人以下の仕上げ・・・!!

(^^;ようするに・・現代のネット社会に飲まれているお客様は・・
ホームページの作りや、ネーミング、単純な料金制度ばかり見て・・肝心な刃物の砥ぎ方・仕上がりをまったく考えもしない・見もしないから簡単にダマされるんでしょう!!

お客様も少しはを刃物の事を勉強し「本物」と言うものを見極められれば・・インチキ砥ぎ屋減らす事が出来ます!!
もし今出している砥ぎ屋で少しでも「おかしいなぁ?」と思えば どんどん問いただし!苦情を言えばいいんですよ!
みなさんでインチキ砥ぎ屋や砥ぎ直しに手抜きしている刃物メーカーさんを撲滅しましょう!!!

(^^;なお・・この新しくなったブログもまだまだ使いこなせない状態で(汗汗)・・多くの方に寂しい思いをさせているかと思います。
現在は、消去してしまったインスタグラムから新たにインスタグラムを立ち上げ、メインとして投稿していますので・・みなさまフォローをよろしくお願いいたします。

(^^)/みなさま!今年に引き続き・・来年かも砥ぎ屋助八をよろしくお願いいたします。

(^^)/年末の砥ぎ直しはお早目に・・・・・。


長年、生活を支えてくれている包丁やハサミ・・・・
刃物の神様に感謝の気持ちを込めて! 切れ味気持ち良く🎶綺麗に磨き上げて新年を迎えませんか!!

(^^)/日頃・・閑古鳥が鳴いている助八も(汗汗)年末は予想を超えるご依頼が全国から届きます!!
なので・・ギリギリまで待たずに気付いた時点でお早めにご依頼下さいますよお願いいたします。
12月20日辺りを過ぎてご依頼頂いても・・年内中にお返し出来ない場合もございますので!本当に余裕を持ってご依頼下さい!!

また新しい包丁などお考えの方もお気軽にご相談して下さい・・(^^)/

(ー_ー)!!・・重大なお知らせ(汗汗汗)・・・・・。

(>_<)なんと!!砥ぎ屋助八インスタグラムを間違って完全削除してしまった・・・・・・・・復帰は不可能状態・・・・・・・・。

(^^;またまた0から・・新生!砥ぎ屋助八インスタグラムを始めますので・・
みなさまフォローよろしくお願いいたします。
目指せ!!10万フォロアー・・!!!!!!!

インチキ砥ぎ屋の尻ぬぐい・・(ー_ー)!!・・・

砥ぎ屋助八は何年たっても(-_-;)尻拭い・・・・・
世の中「・・安い方が良い!!」と言う風潮が無くならない限りインチキ砥ぎ屋は無くならない・・・・・・・・・・・・・。

インチキ砥ぎ屋に出した方で多くいてるのが・・・・
インチキ砥ぎ屋には何一つ文句は言わないのに・・それを修理する助八には「もっと安くしてよ!!」「他の砥ぎ屋さんはもっと安いよ!」などと文句を言ってくる・・・(ー_ー)!!・・・自分がインチキ砥ぎ屋に出してた行為・助八に行ってる文句の意味がまったく分かっていない!!!!

最近、インスタグラムなどを見回っていると・・何でもかんでもピカピカに鏡面仕上げをしている砥ぎ屋をよく見かけますが・・・そこにも落とし穴があります!!
砥石の質・性能がいちじるしく良くなり!切り刃のベースの砥ぎ仕上げが適当でもムラなく綺麗に鏡面になります。
ネットで砥ぎ屋を検索して・・ピカピカの鏡面になっていれば!
「ここの砥ぎ屋は凄い!!上手や!!料金もお手頃や!!」と思い・・即座に依頼してしまう・・・・・。

帰って来た包丁は見事にピカピカで感動もの!!・・ところが・・いざ使ってみると・・・切れ味がいまいち悪い、食材に気持ち良く包丁が入っていかない・・・。
趣味で砥いでいる方々も同じで・・綺麗なピカピカだけで満足している人が本当に多すぎる!!

(^^)/包丁の切れ味・切れ込みで一番大事なのは・・切る食材・包丁の種類・その包丁を使う方の技量に合わせた適正な厚みの調整が一番大事かなと思います。
綺麗に仕上げるというのは二の次で・・まずはきちんと厚みと形を整える基本べーすを作る!!
そうすると・・自然に仕上がりは綺麗になってきます。

ご紹介するのは・・地元泉州地域はもとより全国でよくある本職外の片手間に適当にしているインチキ砥ぎ屋・・・どんな包丁でも種類を問わず500~1000円程度・・・
(ー_ー)!!・・当然!どんな種類の包丁・・和包丁・洋包丁問わず刃先だけしか砥がない・・
千歩ゆずって・・刃先だけでもきちんと砥げていれば問題は無いけど・・当然ながら技量が無いので砥げている分けが無い・・・・
でも!依頼した包丁は・・手も切れないぐらい使い古されてるわけですから・・持って行く前と比べたら切れるのは当然・・・(^^;
でも!適当に削ってだけの包丁は1ヶ月も切れ味は持たない・・・
その場しのぎでも切れた感覚は頭に残っているから・・また持って行く・・・この連鎖で・・「インチキ砥ぎ屋は永遠に不滅です!!」(爆笑)!!

(ー_ー)!!・・凹んだ砥石で技量も無いから刃線が歪みまくり(汗)・・・
(^^)/上記の砥ぎ抜き修理で・・2500円程度とお考え下さい!
割り込み包丁やもっと変形・砥ぎ減らされた物は3000円~4000円の場合もございます。
これは初回だけの料金で・・修正した次回からは・・安いです(^^;!!

お次の裁ち鋏も(-_-;)本当に許しがたい壊し方をしています・・・・。
でも・・壊されたご本人は・・まったく壊されている自覚が無し・・・。
なぜか!?・・・少しは切れてたからです。

※写真の刃付けは泉州地域限定のタオルの裁断ようで・・通常の握って切る使い方では無く、滑らせて切る特殊な使い方用の刃付けです。

(^^;こんな事を書いている砥ぎ屋助八をインチキ砥ぎ屋と言っている砥ぎ屋さんもあるそうですが・・良い機材を持っている本業の刃付け屋さんや刃物屋さんから見れば・・正解かも知れません・・・
だからこそ!お客様ご自身が見極める知識を少し持って頂けると砥ぎ屋選びに失敗しないのでは無いでしょうか!!

正しい知識を持ってインチキ砥ぎ屋を撲滅しましょう!!

(^^)/砥ぎ講習のお問い合わせ・受講が激増しています!!

(^^)/令和に入った今年夏場の暑い時期にもかかわらず月に2人・・・・
9月からは2~3週間に一度のペースで砥ぎ講習をしています!!
本当に嬉しいかぎりです・・・受講された方々もすごく満足して頂き・・2回・3回目のご予約も・・・・。

12月も早々と3人さんのご予約を頂いております。

遠方は富山県・広島県からお越し頂き(*_*;本当に驚きと嬉しさ倍増となっています!

(^^)/女性の方々も多く受講されて・・お問い合わせも急増しています!!

また!名古屋の三浦刃物店での砥ぎ講習を受講され・・2時間程度じゃ物足りないと!わざわざ大阪までお越し下さる方も多くおられます。
※三浦刃物店での今年の講習は終了しました・・来年は3月からです。
ご予約はお早めにお願いいたします。


(^^)/砥ぎ屋助八の砥ぎ講習は、まず一般の砥ぎ講習では聞けない!包丁砥ぎの基本中の基本からじっくりお話を聞いて頂き!切れる刃を付けるとは何かを理解して頂きます。
基本が理解出来れば・・「砥ぐ目標」が見え・・ご自身で練習しやすく!上達への近道となります。
一般の方々はもちろんですが・・「切れてるから・・」「料理人が砥ぎを習うなんて・・」とお考えの本職の料理人さんも!きちっと包丁の形を維持して砥ぐ大事さを学んでみませんか!?
形の崩れた包丁を自慢げに使っているほど恥ずかしい事はありません!!
料理人にとって「包丁はご自身の顔!!」とお考え下さい・・・・・。

(^^)/みなさま!少しでも興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ!!

(^^)/かなり珍しい玉鋼の柳刃と出刃・・・・。

(^^;最初、お持ちになられた時は見るも無残な姿で・・柄もプラの安価な物(汗)まず玉鋼なんてありえないと思い・・・・思い主さんに「本当の玉鋼で作られた包丁なんてそうそうありませんよ!」とお伝えしました。

でも!いざ砥ぎにかかると・・(*_*;砥ぎ味が・・覚えのある砥ぎ感・・・
寸法の割に重量感も・・普通の鋼とは違う!! 本当の玉鋼でしょう!!

(-_-;)しかし・・ひどい状態・・・

包丁の値打ちも分からず・・
ご自身で長年砥がれて・・無駄に砥ぎ減らされて来た。

(-_-;)いざ砥ぎにかかると・・どうも包丁自体の砥ぎ出しの形が悪い・・
色々な個所を削って修正し・・どうにか良い形に砥ぎ出せました。

(^^;写真じゃ分かりませんが・・重厚感のある砥ぎ味です!!

(>_<)出刃ちゃんも・・可哀想な姿(汗汗)・・・

(^^)/荒砥で・・ベースが出来ました!

(^^)/どんな砥石を当てても・・綺麗に霞ます!!

(^^)/持ち主さんのご要望で・・・
本来この包丁に見合った朴の水牛柄を付けました。

(^^)/希少な玉鋼の値打ちも分かり・・
これからは大事に使ってくれることでしょう!!!

久しぶりにマリコルさんからのご依頼(^^)/#牛刀砥ぎ抜き

仕事が忙しいとかで・・牛刀の砥ぎ抜き依頼がきました!

(>_<)しかし!デカい牛刀・・・

(^^;かなり使い込まれています・・・・。

助八印の筋引きも・・・

(>_<)しかし!牛刀の砥ぎ抜きは大変や(汗)!!

(>_<)・30cmを超える物は研磨機では無理なので(汗汗)手作業です!!

(^^;・・かなり時間はかかりましたが無事に終了!!

(^^)/マリコルさん!本日返送しましたので明日には到着すると思います。

牛刀の砥ぎ抜きは両刃で砥がれている事が大半で・・砥ぎ抜き修理は一般の方々が考える以上に・・砥石への掛りが悪く!和包丁の数倍の砥ぎ抜き作業になります!!

洋包丁だから・・和包丁より安いだろう?と思うのは大きな間違いで・・今回のような30cm前後の牛刀の型直し・砥ぎ抜き修理は7000円~1万円となります!!

(^^)/どんな包丁もご自身で限界まで壊してから修理に出すのではなく!早いうちにお出しする事をお勧めします。

(^^)/お父さんの形見の包丁!!

(^^)/はっきり言って安価な包丁です・・・でもお父さんが大事にしていた包丁!

きちんと修理して・・家宝として代々受け継いでいければと・・・・

(^^;しかし中子も腐食で無くなり・・大変な状態(汗汗)・・・・


 

 

 

 

 

(^^;我流の砥ぎで切り刃が丸く狭まって・・これまた!大変な状態・・・・


(^^;裏も相当砥ぎ減らされ・・立てて砥がれています(汗汗)・・・・↓↓


 

 

 

 

 

いつものように友人の鉄工所で中子を溶接してもらい・・助八で削り出し形成・・・


 

 

 

 

 

 

(^^;切り刃を砥ぎ抜き・・柳刃包丁本来の形に・・・・・・


 

 

 

 

(^^;かなり歪みもあり荒削りの後が残っていますが・・柄を取り付けて完了!!


 

 

 

 

 

 

 

 

(^^)/柄の中も水が入らないようにきちんと樹脂で埋めてあるので腐食も進まないでしょう!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

(^^)/今回の修理は外注の中子の溶接もあり・・砥ぎ直しもすべて含めて

二本で¥1,2000となりました。

これからは家宝として!大事に受け継いで頂きたいと思います!!